矯正治療後に関する考察

subpage01

歯並びが良くなると様々なメリットがもたらされます。

wikipediaのお役立ち情報を公開しています。

自分の笑顔に自信が持てるようになり、歯を見せて豪快に笑顔になる事ができます。



また口元が上品になり、フェイスラインも非常に良いものとなり、その人の魅力をさらに高めることになります。また歯並びがよくなると咀嚼が正常になり、食事が美味しく感じられ食欲増進の効果も得られます。



そのため歯並びを整えれば健康に導かれるようになります。しかし歯並びを整えるには痛くて辛い矯正治療を長期に渡って受けなければいけません。

また治療費も虫歯治療とは違い100万円前後が相場であり、高額な支払いを覚悟しなければいけません。
このように肉体的にも経済的にも苦労して手に入れた美しい歯並びは、矯正治療後も後戻りしないように徹底してケアしなければいけません。
矯正治療後はワイヤーやブラケットといった装置を外せば終わりと言うものではありません。
歯は装置を外すと元の位置に戻ろうとどうしても後戻りする傾向にあります。
そのため矯正治療後は保定装置で歯をしっかり固定し続ける必要があります。クリニックの中には、審美性だけに拘りこうした後戻りの処置を施さないクリニックもあります。
しかし矯正治療はこの保定施術こそが肝心であり、長く綺麗な歯を保つ秘訣と言えます。

そのためアフターケアや、治療官僚後のケアに力を入れている親身なクリニックを探すことも治療に置いては肝心だと言えます。
保定装置にはワイヤーを用いたり、マウスピースを用います。