矯正歯科を受ける前に大切なこと

subpage01

矯正歯科を受ければ、歯並びがきれいになるという希望を持って患者さんは来院します。
矯正は保険が適用されないので、敷居が高いイメージがあり、その分憧れなどの希望を持って受診する人が多いようです。

しかし、実際に矯正歯科を受ける前に、大切なことがあります。



まず、虫歯や歯周病などのお口の病気は先に治しておかなければいけません。


矯正中は、装置を付けるなど、お口の中が病気になりやすくなっています。

治療前に虫歯や歯周病を治し、正しい歯磨きの方法を身に着けておくことはとても重要です。
歯周病は、歯茎が腫れるだけでなく、歯をさせている骨が溶けてしまう病気です。歯がグラグラした状態では、矯正のために歯の移動をすることはできません。

All Aboutに関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

歯並びをきれいにする前に、しっかりと病気を治す必要があります。



また、矯正歯科ではいきなりワイヤーを掛けることはありません。
レントゲンや写真を撮影し、歯型の模型を作るなど、お口の中の状態を正確に把握し、綿密な治療計画を立ててから治療に入ります。
早く治療した方が早く終わりそうなイメージがありますが、事前の検査はとても大切なもので、これなしには治療はできません。


事前の説明には、おおまかな治療期間や治療費と共に、どのように治療を行うかを教えてもらうことができます。分からないことや不安に思ったことは質問し、納得してから治療に入りましょう。

矯正歯科は長期間にわたる治療ですので、歯科医師との信頼関係が必要です。